仮住まいをせずに行うことも可能?戸建リノベーションの基本情報について解説

こちらのサイトは、現在の住まいを建て替えをしたいと考えたとき家を全て解体するよりも内装部分だけを取り壊して新たな生活空間を創り出せる戸建リノベーションの基本情報をご紹介しています。
内装を撤去することで、仮住まいが必要なケースもあるけれども部分的に行うなどの工夫で住み続けながら施工を行うことができる、中古物件を購入してリノベーションを検討する場合は事前に施工会社を決めておくと安心に繋がるなど幅広くご紹介してあります。

仮住まいをせずに行うことも可能?戸建リノベーションの基本情報について解説

戸建リノベーションは、1階のみなどのように部分的な施工の場合は住み続けながら工事を行うことは可能です。
ただ、1階にキッチンや浴室などがある場合は、食事の準備や入浴などができなくなるので対応策を考えておく必要があります。
また、戸建リノベーションで家全体を新しくするとなった場合は仮住まいが必要になりますが、新築住宅を建設するときと比べると施工期間が短いので戸建リノベーションでの仮住まいの期間そのものも短縮されます。

建物の状態が良く再利用可能な古家は戸建リノベーションが可能なケースも

土地の一つに古屋付土地と呼ぶものがありますが、これは中古住宅になるけれども築年数が経過していて住宅として既存建物の価値が殆どない物件です。
注文住宅の家づくりを行う人が購入するケースが多いのですが、この場合は建物を実費で解体しなければならないので注意が必要です。
また、戸建リノベーションを目的でこのような物件を選択する人も少なくありません。
古民家などは戸建リノベーションを目的で購入する家として人気を集めているわけですが、築年数が経過しているときには構造に問題が生じていることもあります。
戸建リノベーションは既存の基礎や梁など建物の構造をそのまま活用するリフォーム手法になるので、建物状態が良くて再利用可能な古屋については実現できるけれども、構造に問題がある場合は取り壊しが必要になります。
なお、戸建リノベーションは現状の家屋に経済的な価値はない場合でも、部分的に利用可能な価値を有している場合は快適に住むことができる住宅に作り替えられる魅力があります。

中古住宅を購入して戸建リノベーションを行う選択肢について

賃貸ではなく、自分が所有権を持つ住宅が欲しいと考えたとき、新築の住宅が候補にあがるかもしれません。
しかし新築の住宅は多額の予算がかかる傾向にあるため、中古住宅を検討するのも有効な選択肢です。
完成からある程度の時間が経過していますが、居住に問題のない品質の物件は多数あります。
さらに、中古物件に戸建リノベーションを施せば新築に近い環境にすることも可能です。
戸建リノベーションとは、古い物件に施す改修工事です。
壁紙の変更などの単純な工事ではなく、間取りの変更などの大きな変化をもたらす工事になっています。
小さな個室をひとつの広い部屋にするなどの戸建リノベーションを行えば、中古住宅でも満足度の高い生活ができるはずです。
工事の詳細については、リノベーションを担当できる企業に相談すれば耐震性などを維持した状態での計画ができるので安心です。
総合的な住宅取得コストを下げるためにも、中古の物件に注目するのは効率的といえます 。

新築一戸建てと戸建リノベーションを比較してみよう

最新の建築技術を活用しているのが、不動産会社が分譲する新築一戸建て住宅の魅力です。
そのために家を買う人の多くが新築物件を希望しますが、一方で価格が高いので希望する物件を購入できないこともあります。
そこで中古一戸建てに注目する人々も増えており、購入後に戸建リノベーションを専門の会社に依頼する傾向も強まっています。
戸建リノベーションを行うと、外観と内装を新築に近い状態までレベルアップすることができます。
またレトロな見た目を生かしながら、キッチンなどの住宅設備を最新鋭の機種と取り換えることも可能です。
したがって新築一戸建てではなくても、リノベーションによって快適な暮らしができるようになります。
そして新築物件の購入と戸建リノベーションを比較するときには、費用対効果を重視するのが理想的です。
戸建リノベーションによって建物の長寿命化が実現できる場合には、新築以上に中古物件を買うメリットが大きくなります。

築年数が経過していると戸建リノベーションでは施工が難しいケースもある

戸建の中古住宅の多くは、築20年や30年など比較的築年数が浅い物件になっていますが、古屋付土地の場合は建物の価値がほぼゼロの中古住宅です。
この場合は、建物が古いので土地として販売が行われることになりますが、最近は古民家への人気が集まっていて建物の価値が低い家でも戸建リノベーションを行う目的で選択する人も少なくありません。
古民家の多くが築30~40年以上で、既存の家屋を再利用できないほど基礎および構造部分など重要と考えられる箇所が傷んでいる場合は建物を解体して新築住宅を建築した方が良いケースもあるため、中古住宅全般にいえることですが、戸建リノベーションを検討される場合は購入しようとしている住宅、もしくは既存の家の状態を専門家に診断して貰って戸建リノベーションの可否を相談されることをおすすめします。
特に、築年数が経過している場合は、構造などに問題があって施工ができないケースもあるので注意しなければなりません。

戸建リノベーションに関する情報サイト
戸建リノベーションの基本情報

こちらのサイトは、現在の住まいを建て替えをしたいと考えたとき家を全て解体するよりも内装部分だけを取り壊して新たな生活空間を創り出せる戸建リノベーションの基本情報をご紹介しています。内装を撤去することで、仮住まいが必要なケースもあるけれども部分的に行うなどの工夫で住み続けながら施工を行うことができる、中古物件を購入してリノベーションを検討する場合は事前に施工会社を決めておくと安心に繋がるなど幅広くご紹介してあります。

Search